おいしい紅茶をいれるために

*** ストレートティー5のポイント ***

1)新鮮な茶葉を使うこと。

おいしい紅茶をいれるには、新鮮な紅茶の葉を使うことが必須です。高価な紅茶や有名ブランドの紅茶が、必ずしもおいしいとは限りません。長時間ポットに茶葉を入れたままでも、苦み、渋味の出にくい紅茶を選びましょう。おいしい紅茶とは、苦み・渋味が少なく、まろやかな味わいを持ち、上品な香り立ちを持っています。「新鮮な紅茶ほどおいしい」ということがおいしい紅茶選びのポイントになります。

2)紅茶に適した水を使うこと。

まず、軟水であること。日本の水はほとんどが軟水なので紅茶に適した水といえます。通常の水道水でよいのですが、残留塩素を除くために、濾過式の浄水器を通した物がベターですが、市販のナチュラルウォーターでも大丈夫です。国産のペットボトル入りのものは軟水がほとんどで、ミクロフィルターで除菌したものは脱気されている心配もなく、問題なくおいしく入ります。なお、アルカリイオン水は、香りに力強さが失われ、紅茶の味も薄くなるためお薦めできません。

3)適正な茶葉の量を使うこと。

一般に多すぎる茶葉の量を使っているようです。耐熱ガラスポットで湯を沸かして直接茶葉をいれる場合、カップ1杯当たり水180mlに対して(茶葉が水分を吸い取るので出来上がる量は約160ml)1.5gの茶葉の量で十分です。3gあればカップ2杯分入ります。

4)沸騰直後の湯でいれること。

耐熱ガラスポットで湯を沸かし、激しく沸騰したらすぐ火を止め、すかさず茶葉を入れます。ぐらぐら沸騰を続けると、湯の中の酸素が脱気され、香り・味ともにもの足りない紅茶になってしまいます。沸騰直後の湯でいれるのが鉄則です。陶磁器のポットでいれる場合も同様です。ポットを十分温めていれて下さい。最近の入門書には、水道水の塩分を抜くために5分位沸騰を続けると書いてあるものを見かけますが、あきらかに違っています。塩素分のない水を使えば良いのです。

5)じっくり蒸らすこと。

浸出中はポットに蓋をし、香りと味の成分が出るのを待ちます。耐熱ガラスポットを使用した場合、茶葉は一旦水面に浮き葉が開いたあとで沈みます。沈むということは茶葉に湯が十分浸透したということなので、沈めば飲み頃ということになります。また、湯を陶磁器のポットに移した場合は、ポットの壁面と湯の温度差のために対流を生じ、茶葉はポット内で上下に動きます。この場合にも、全ての茶葉が沈むまで待てば良いのですが、中が見えませんので、リーフティーなら5分、CTC茶なら2分程度を目安にすれば良いでしょう。いずれにしても、新鮮で品質の良い茶葉なら、時間・茶葉の量をそれほど気にしなくともおいしくお召しあがりいただけます。また、茶葉の量・時間を加減することでお好みの味に立てていただくこともできます。すぐれた紅茶の葉ならば、茶帽子で保温すれば20分、30分過ぎてもおいしく飲むことができます。

home  次ページへ