LINK


トップページ


home


製品のご案内

通販のページ

新着情報



LOG


ひとつ前の記事

次の記事

 

ガネッシュのホームページ 

      紅茶日記



『インド紅茶研修(夏期編)No1』

初夏に差し掛かる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はまたダージリンティーを求め、今度は真夏のインドを旅して参りました。

5月から6月にかけてが年間で一番気温が高くなるインド、その温度は軽く40℃を超えます。

飛行機に乗れば外の気温は「マイナス」40℃なのですが……

IGIA(インディラ ガンディー インターナショナル エアポート)に着陸……する前からなんとなく暑いように感じてしまうインドの景色です。

さて、デリーを経てまずはコルカタに到着。コルカタはベンガル湾に面しているのでこの季節は45℃近い暑さです。そして海水がどんどん蒸発するため、雨が降らないのに湿気が有るという、日本と同じタイプの暑さを持つ街です。その為、「まあ日本の夏もこのところ暑いし、4月なら来た事も有るし、まあ何とかなるだろう」なんて思っていたのですが……それは大間違いでした。空港から一歩外に出た瞬間身体中から吹き出してくる汗。焼ける、という表現が間違い無く適切な太陽光。そして人、人、人、人、人。また人。ホテルに着くだけで既に一仕事。身体中が汗だらけになるという歓迎(?)を受けてのコルカタ入りとなりました。

7月の雨期を前にして建設ラッシュ。コルカタもインドの経済成長に合わせて成長しているようで、昨年と比べてもかなり多くの建物が建設され改築中でした。インドも欧州経済危機の影響が有るといいますが、実際にはそれを感じさせない活気が有りました。

手前に移っている黄色い車が、コルカタ公認タクシーことアンバサダー。実は初体験だったのですが、エアコン、シートベルト無し、クッションがヘタったビニールシートの座席、土埃アリ(窓を開けないといけないので)の環境はインドらしい歓迎でした(笑)。

 

                      ABE YUHO 記

 

ご意見、ご質問をお受けしております。お客様のご質問のお答えが日記に加わることもございます。 koya@ganesh.co.jp ←こちらまで